カウンセリングの活用方法

歯

歯が痛いから歯科医院を利用するのですが、中央区の歯科医院では原因がない歯の痛みについても相談にのってくれます。その1つは「非歯原性歯痛」です。歯科医師いわく、歯の痛みは脳神経の三叉神経・上顎神経・下顎神経によって脳に伝わる話しをします。歯そのものに原因がなくても、三叉神経に障害が起こるなど、様々な原因で「歯の痛み」を感じるといいます。中央区の歯科医院では、患者とのカウンセリングに余念がありません。原因をしっかり突き止めないまま、歯が痛いからと治療を行っても痛みが消えず、ついには問題のない歯を誤って抜いてしまうことにも繋がり兼ねません。しっかり確認してくれる、カウンセリングにはそうした活用法もあります。

かかりつけ医になる

診療室

中央区では予防歯科クリニックの数が多いのが特徴です。老若男女問わず、むし歯を予防することが、様々なトラブル(歯周病・口臭)を防ぐことに繫がるからです。中央区の予防歯科クリニックは、発生要因に対する対処法を考えるプロでもあります。歯の質を強くするためには、歯の形成期においてミネラル分を含んだバランスの良い栄養摂取を心がけることや、よく噛むことが不可欠です。噛む習慣は、幼い子どもにもあるワケですから、親子のための予防歯科であるのも特徴になります。いわゆる、かかりつけ医になる医師がいるワケですから、何かしらあれば、すぐに相談ができます。早期発見、治療の前からの携わりになります。

出張訪問する

女性

中央区の歯科クリニックの特徴は、教育施設へも出張してくれることです。もちろん、定期的な歯科健診が1つの例ですが、それだけでなく、強い歯をつくるための授業を行うこともあります。クリニックから飛び出して、予防に努めてくれるのが特徴です。もちろん、中央区のクリニックには、歯科医師も数名が在籍していますから、1名が抜けたとしても、患者の治療に支障は出ません。歯を強くし、唾液の働きを助けてむし歯菌を予防するためのフッ化物入り歯磨き粉を使ったブラッシング指導も担います。もちろん、給食後、食べたらすぐに歯磨きを行い、プラークを除くための磨き方を指導するために、定期的に園や学校にて児童と給食を食べる姿も見られます。児童とコミュニケーションを取ることで、日頃どんなおやつを食べているのか、そうしたことも聞き出せるといいます。歯科医師も治療のための情報収集ができるといいますし、児童も歯磨きの見直すきっかけになるといいます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3

正方形バナー2 正方形バナー3

広告募集中